VISION:August, 2020

ストーリーに宿る思い、熱量こそデジコの核となるもの

ABOUTのページにも「デジコはこういった思いからなるカンパニーです」というのは記しているのですが、このVISIONでは、そこに込めた思いをもう少し詳しく書くことにします。ちなみに、タイトルに日付を記載している通り、日々社会が変容していくのと同じく、このVISIONも変化していきます。そのくらいの柔軟性とスピード感で、デジコはあるため、です。

まずは、ここ数年タグライン的に使っている

「そこに愛は入っている?」

という思いから。


そもそも、デジコはグラフィックデザインをメインとした会社としてスタートしました。グラフィックデザインには、コンセプトやレイアウトやフォントや余白や省くことや視線の移動や、そのすべてに意図はあります。それらが、どうすればよりよいものとなるか。その思考を日々つづけていくと、はたと気づくのです。「グラフィックデザインだけでは、コミュニケーションのきっかけになるクリエイティブをつくりきることはできない」と。もちろんグラフィックデザイン一発でそれをなし得ることも、時としてあるでしょう。ただ、常に「愛」をもってーーそれはクライアントに対しても、クリエイティブそのものに対してもーー考え抜いていくと「もっとこうした取り組みにしたほうが、こういった仕掛けにするほうが、よりよい成果となるはず」と、デザインの前段階にまで視座が上がっていくものです。デジコがいま、いわゆるデザイン会社ではなく、企画やディレクション、ブランディングの領域が増えてきているのは、その必然性からです。それらすべてこそが本来的な「クリエイティブ」だから。

相手の求めているものを本質的に理解して、それを先回りできるくらいに愛をもって接すること。そして、それを達成するために必要となるクリエイティブとはなにか、を追求すること。

「愛」とはつまり、「物語」でもあります。

モノやプランではなく、そこに貫通させるストーリーにこそ、ドキドキしてほしい/していたい。このストーリーに宿る思い、熱量、意図こそが、デジコのクリエイティブの核です。愛から物語が生まれて、物語を共有することで愛が深まる。という螺旋をイメージしてもらえるとわかりやすいでしょうか。

関係性のなかからこそ、新たなクリエイティブは生まれる

「クリエイティブこそ第一」として、そのために思考を巡らせ、リサーチを重ねて、手を動かして、つくりこんでいく。クリエイティブそのものに誠実であることはまた、スタッフの成長とも相関関係にあります。いいクリエイティブをつくるためにスタッフを成長させるのではなく、いいクリエイティブをつくることが結果、スタッフの成長につながる。ここには昨今の働き方改革も密接につながっていて、というのも、いいクリエイティブをつくるためにはいい働き方が必要になるから、です。

どう働くか、どう生きるか。それを考えるとき、「どこで仕事をするか」ということも大事にしていきたい。デジコは現在、東京・高松・香港に拠点を構えていますが、今後さらにブランチを増やしていこうと計画しています。旅をしながら仕事をする、と書くとなにやら感ありますが(笑)、旅というよりはステイして、拠点をつくって仕事をする。そうすることで、ひとつの視点だけではなく、いくつもの視点/鳥瞰を獲得することができます。頭でっかちにならずに、ちゃんと知ってちゃんとつくることができます。匂い、言葉、街並み、人柄、食べ物、音。その土地土地でしか感じられないことを感じて、そこに根ざしたクリエイターたちと出会い、つながっていくこと。

COVID-19の影響もあり移動が制限されていたり、集まることがむずかしくなっていたり、それにデジタル化が進んでいる現在ではありますが、いろんな街でいろんな人に会い、コミュニケーションすることは「よりよいクリエイティブ(=愛の入った物語)をつくる」ためには必要です。いくつものつながり、つまりは関係性のなかからこそ、心躍るひらめきは生まれてくるものだから。

ちなみに、各地にブランチをつくったとき、現在、本社機能としてある東京・銀座のオフィスがヘッドオフィスになるというよりは、ひとつのハブとして存在しているのがいいのだろうな、と感じています。マルチセンター、つまりセンターがマルチにある状況とでもいいましょうか。それらが横断的/多層的に交わりながら、新たなクリエイティブを生み出すこと。コロナ以前から漠然としてイメージしていた形が、ウィズ・コロナ/ポスト・コロナ時代のいま、より明確になっています。デジコの志向する未来は、ワクワクに満ちています。

2020年8月吉日
デジコ株式会社

The Ideologies and Passion in a Story is the Core of DEGICO’s Principles

On the ABOUT page, we talk about “DEGICO is founded on these principles” but on this VISION page, we will talk a bit more in depth about the ideas behind those principles. By the way, as you may have noticed because we put the date on the title, as the company evolves everyday, our VISION changes with it. That is how versatile and speedy DEGICO is.

Firstly, let’s start with the phrase which we’ve been using for these few years like a tagline

“Is there love in that?”

DEGICO Inc. started as a company focusing mainly in graphic design. In graphic design, there is meaning in everything, whether it be the concepts, layouts, fonts, blank spaces, omitting, and even the change in the line of sight. How do we make them better? Thinking about this issue daily, we suddenly realized. “Graphic design alone does not allow us to create a perfect creative design which could trigger communication.” Of course, there are times when graphic design alone can achieve that. However, if we keep “love” in mind; for both our clients and the creative work; and think about it critically, for example “If we changed the idea like this, and used this kind of gimmick, we would surely get a better result,” then our viewpoint would start to focus on the process before the design. Therefore, DEGICO Inc. has become not just a design company, but also a company involved in more aspects such as planning, direction, and branding, due to necessity. Because these processes are where the “Creative” decisions should be made in the first place.

By understanding exactly what the person we are dealing with desires, we will be able to communicate with them with love, so much so that we could tell them what they want before they even answer. Additionally, we will keep on pursuing the kind of Creativity required to achieve this goal.

“Love” is, in other words, “Stories.”

Products and plans aside, a story which pierces through the heart and keeps people/us excited is what we desire. The ideas, passion, and purpose in these stories are the true core of DEGICO’s creative works. Love starts the story, and sharing the story deepens the love. Going round in round in a spiral. It’s probably easier to imagine if you think of it in that way.

Relationships are the Best Incubators of New Creative Work

Putting “Creative as Number 1”, we crack our heads, research over and over again, move our hands, and create the design. A staff’s sincerity to their creative work correlates with their own growth. We do not nurture our staff to make better creative work, but making good creative work leads to better results as well as the growth of our staff. The work culture reforms of recent days are connected to this, as a good work-life balance is essential for making good creative designs.

How should we work, how should we live. When pondering on these issues, we would also like to put importance on “Where we work.” Currently, DEGICO Inc. has bases of operations in Tokyo, Takamatsu, and Hong Kong, but we are planning to add other branches as well. If I wrote here “Working while travelling the world”, it’s going to make some heads turn (lol), but it is more like staying in one place instead of travelling, creating a base of operation, and working there. By doing that, we will be able to look at things not just from one perspective, but several perspectives and also a so-called bird’s eye view. It will keep us from getting ahead of ourselves, and allow us to find out about things critically and create excellent designs. The scents, the language, the cityscape, the people, the food, and the sounds. Experience the things that can only be found in each of those places, meet with creators with roots there, and connect with them.

Due to COVID-19, there are restrictions on our movement and it has become hard to gather and connect, and digitalization is also taking over, but meeting people from different cities and communicating with them is necessary for “making better creative design (=stories with love.)” Thrilling inspirations are born out of our many connections, or in other words, relationships.

When we make branches in different places, I believe it is better if our current headquarters in Ginza, Tokyo functions more like one of our hubs rather than a head office. Multicenter, or shall we say a company with multiple centers of operations? Each part plays a role in creating a new creative work that is inter-disciplinary/multilayered. This ideal which we held vaguely from before the coronavirus pandemic is now becoming a concrete idea as we go through this time of With Coronavirus/Post Coronavirus. The future that DEGICO is heading towards is one that is full of excitement.

August, 2020
DEGICO Inc.